笠幡菜の花保育園について


園の概要
・平成15年08月12日 社会福祉法人菜の花会 法人設立
・平成16年04月01日 笠幡菜の花保育園 開園

定  員
 60名(生後6ヶ月〜就学前までの乳幼児)

開所時間
 (平 日)7:30〜18:30{延長保育}18:30〜19:30
(土曜日)7:30〜18:30
 (平 日)8:30〜16:30{延長保育}7:30〜8:30、16:30〜19:30
(土曜日)7:30〜18:30{延長保育}7:30〜8:30、16:30〜18:30
そ の 他
 ・土曜日は姉妹園(鶴ヶ島市の菜の花保育園)と合同保育を行っています。
 ・延長保育時間帯は延長保育料が掛かります。
 ・土曜日の延長保育は行っていません。
保育指針・心身ともに元気に育とう
・自然の中で命の大切さを身につけよう
・健康な食生活と味覚を身につけよう
・リズムと音感を身につけよう
・あいさつをきちんとしよう
保育目標・園での生活は薄着、素足を基本とします。
・園外への散歩を多く取り入れます。
・全体の交流を深め、思いやりや憧れて見習う心を育てます。
・安全な食材と栄養バランスを心がけた薄味のオリジナルランチ、おやつです。
・英語(ネイスン先生)、音楽(リトミックby村田節子先生)など、年齢に応じて行います。


 英語講師 ネイスン・テイラー先生 

ニュージーランド出身
オタゴ大学卒業(NZ)
日本では8年間英語教育に携わる
趣味はサーフィン・音楽・スポーツ



 ※歌やゲームを通して英語を学びます。
 ※楽しみながらワクワクするような環境の中で自然に英語の世界に入ります。
 ※時々絵本を読 みます。面白い絵本を見ながら聴いているうちに英語のリスニング力が身に付きます。

 リトミック講師 村田節子先生 

ピアノ教室主催
リトミックセンター公認講師
埼玉県子育てアドバイザー

URL:http://www.murata-music.com

<リトミックとは(村田節子先生談)>
 リトミック指導法はスイスの音楽教育家、エミール・ジャック=ダルクローズが児童心理学・大脳生理学の観点から音楽教育法として提唱したものです。これは全身的な運動、表現を通して音楽に反応することにより「見て・聞いて・感じる心」を育み「思考し創造する能力」を開発する教育です。子どもたちがこれから生きていく中で知的・身体的・感覚的に色々な事を体験し、それらを十分に吸収し、足がかりとして大きく育っていけるような成長の基礎づくりをする教育です。これからリトミックを通して子ども達に接していく事がとても楽しみです。

▲ HOME


一日の流れ(平日)


標準時間短時間
07:30〜開所・順次登園・視診・合同保育延長保育
08:30〜順次登園・視診・合同保育
09:00〜朝の会
09:30〜活動(0〜2歳児のみ10:00まで午前のおやつ)
11:30〜お昼ごはん(グループにより時間が前後します)
12:00〜トイレ等、午睡前準備
13:00〜午睡
15:00〜起床
15:30〜午後のおやつ
16:00〜お帰りの会
16:30〜活動・順次降園延長保育・順次降園
18:30〜延長保育・補食
 19:30閉所

▲ HOME


Copyright (C) 2004 社会福祉法人 菜の花会 All Right Reserved.